1. TOP
  2. BLOG
  3. キャリアアップ助成金が令和3年度から変わります。 ~その3 諸手当制度等共通化コース~

キャリアアップ助成金が令和3年度から変わります。 ~その3 諸手当制度等共通化コース~

キャリアアップ助成金とは

非正規雇用労働者の方の企業内でのキャリアアップを促進するため、正社員化などの取り組みを実施した事業主に対して助成金を支給する制度です。

諸手当制度等共通化コース(令和3年4月1日以降)

概要

有期雇用労働者等に関して正規雇用労働者と共通の諸手当制度を新たに設け、適用した場合、または有期雇用労働者等を対象とする「法定外の健康診断制度」を新たに規定し、延べ4人以上実施した場合に助成します。

支給額

1事業所当たり、中小企業の場合 38万円 <1事業所当たり1回のみ>

各種加算措置

⑴共通化した対象労働者(2人目以降)について、助成額を加算

対象労働者1人当たり 15,000円 <上限20人まで>

⑵同時に共通化した諸手当(2つ目以降)について、助成額を加算

諸手当の数1つ当たり 16万円 <上限10手当まで>

対象となる手当等

①賞与

6か月分の手当として50,000円以上の支給が必要です。

②家族手当

1か月分相当として3,000円以上の支給が必要です。

③住宅手当

1か月分相当として3,000円以上の支給が必要です。

④退職金

月3,000円以上の積み立てが必要です。

⑤健康診断制度

各種加算措置の「⑴共通化した対象労働者(2人目以降)について、助成額を加算」の対象外となります。

健康診断制度に関する支給要件の注意点

定期健康診断等の受診日の前日から起算して3か月以上前の日から受診後6か月以上の期間継続して、支給対象事業主に雇用されている有期雇用労働者等でことが必要となります。

健康診断制度を有期雇用労働者等に延べ4人以上実施した日を含む月以降6か月分の賃金を支給した翌日から起算して2か月以内となります。