1. TOP
  2. BLOG
  3. キャリアアップ助成金が令和3年度から変わります。 ~その4 選択的適用拡大導入時処遇改善コース~

キャリアアップ助成金が令和3年度から変わります。 ~その4 選択的適用拡大導入時処遇改善コース~

キャリアアップ助成金とは

非正規雇用労働者の方の企業内でのキャリアアップを促進するため、正社員化などの取り組みを実施した事業主に対して助成金を支給する制度です。

選択的適用拡大導入時処遇改善コース(令和3年4月1日以降)

概要

労使合意に基づき社会保険の適用拡大の措置を実施する事業主が、雇用する有期雇用労働者に対して、社会保険の制度概要や加入メリット等の説明・相談等を行うともに、保険加入に関する意向確認等を行うなど、有期雇用労働者等の意向を適切に把握し、労使合意に反映させるための取り組みを行い、当該措置により有期雇用労働者等を新たに社会保険の被保険者とした場合に助成

有期雇用労働者等に社会保険を適用していない事業所が、有期雇用労働者に対しても社会保険の適用拡大を図る場合に使用できる助成金です。

取り組みだけではなく有期雇用労働者を実際に社会保険の被保険者にした場合に支給される助成金です。

変更内容

当該コースでの令和2年度限りとしていた措置を令和4年9月末まで延長します。

従業員が100人を超える事業主は、令和3年9月末までとなります。

支給額

1事業所当たり中小企業の場合 19万円 1事業所当たり1回のみ)

各種加算措置

① 措置該当日以降に対象労働者の基本給を一定の割合以上に増額した場合

増額した割合 支給額
2%以上3%未満 1人当たり 1万9000円
3%以上5%未満 2万9000円
5%以上7%未満 4万7000円
7%以上10%未満 6万6000円
10%以上14%未満 9万4000円
14%以上 13万2000円

支給申請上限人数は45人まで

尚、従業員数が101人を超え500人以下の中小企業については、令和4年4月末まで延長されます。

社会保険加入時における被保険者の手取額の減額部分を減らす努力をする場合に使用できる助成金です。

② 措置該当日以降に対象労働者の生産性の向上を図るための取り組みを行った場合(研修制度や評価の仕組みの導入)

1事業所当たり中小企業の場合 10万円